保育理念

保育理念 〜 すてきな仲間とともに歩もう

子ども同士、保育に関わる人、地域の人すべての人を『すてきな仲間』として、
ともに歩み成長していく保育園をめざしています。

子ども像
・心身ともに健康で【遊ぶ・食べる・眠る】を気持ちよく行える子ども
・さまざまな経験を積み重ねながら、自分で考え行動できる子ども
・大切にされていることを感じ、自分を好きと感じる子ども
・仲間と共同的活動のできる子ども
保育方針
・愛されている実感のなかで安心して過ごせる保育園
・楽しさ、喜び、感動を共感する場としての保育園
・人に対する愛情と信頼関係を築き、人と関わる力を育む保育園
・地域・保護者とともに、子どもの成長の喜びを共有する保育園
・子どもの最もふさわしい生活を営む場のモデルを目指す保育園
本園の特徴
  1. 日本の伝統的な楽器である和太鼓の演奏を保育に取り入れています。心に響く音を感じながらリズム感を養い、協調性や達成感を培っていきます。
  2. 給食の献立に年長組のお誕生児は、自分の好きなメニューが給食献立になる「お誕生日リクエストメニュー」を実施しています。大好きな給食がますます楽しみになっています。
  3. 「なかまの日」幼児クラス、3歳児~5歳児は異年齢で交流し活動する日を設けています。お兄さん、お姉さんに優しくしてもらう経験が「思いやり」の気持ちにつながっていきます。
  4. 「クッキング保育」の実施。野菜の皮むき、ホットケーキ作り、お米とぎからおにぎり作り、自分達でつくったカレーライスをみんなで食べる等、色々な食材に触れ「食」に関心を持っていきます。
  5. 戸外遊びを積極的に取り入れています。お散歩や遠足、給食をお弁当箱に詰めて出かける日も設定しています。
  6. お泊まり保育を実施しています。年中組は園内で、年長組は園外で行います。先生とお友だちと過ごすお泊まりは、お子さんが一回り大きくたくましく成長する日です。
太陽保育園は、お子さんの最善の利益を考慮し、お子さんの人と関わる力・たくましく生きる力を育んでいます。同時に、地域の子育て拠点として、地域と共に歩み成長していく保育園をめざす保育園です。

健康なからだづくり 〜 子ども達が健康的で安全な園生活が送れるようにする

身体測定
0歳児クラスの救急救命訓練
毎月実施
0歳児健診 月2回実施
全園児健康診断 年2回実施
歯科検診 年1回実施
視力検査 年1回(5歳児)
★その他に看護師がクラス担任と連携をとり、季節や年齢に応じた保健指導を行っています。
・手洗い指導(実践、紙芝居)・ぎょう虫の話(紙芝居)・おしっこ工場
・うんちの旅(エプロンシアター)・栄養の話(パネルシアター)
・がまんの脳の話(紙芝居)・ミュウタンスをやっつけろ(虫歯予防 人形劇)
・咳、くしゃみ、風邪のばい菌、耳の話他

食育活動 〜 食の大切さ楽しさを伝えながら、健康な心と体作りの為の食を営む力の基礎を培う

栄養士がクラス担任や保護者と連携をとってすすめています。
幼児クラスでは野菜の皮むき等、身近な食材に触れたり、野菜の栽培、調理保育(親子クッキング)等を実施しています。

0歳児 もぐもぐ、かみかみ
おいしいね!
いろいろな食べ物を見る、触れる、味わう経験を通して
自分ですすんんで食べようとする。
1歳児 食べるの大好き! 食事の雰囲気を楽しみながら、スプーンやフォークを使って
食べようとする。
2歳児 あの味、この味
おいしいね!
食生活に必要な習慣(手洗い、挨拶、食具の扱いなど)に
関心をもつ。
3歳児 みんなで一緒に
食べようね!
食事に必要な習慣や態度を身につける。箸を使用して食べる。
野菜の皮むきなどを体験する。
4歳児 マナーを守って
食べようね!
調理した物を身近な人に食べてもらう嬉しさを知る。
調理器具の扱いを知る。
5歳児 感謝して
食べようね!
食事の配膳や片付けができる。
健康と食べ物の関係について興味や関心をもつ。
身近な食材を使って調理を楽しんだり、食を大切さを知る。

▲ページ上部へ